興味を持った人必見?美容師になる方法

まずは美容師免許を取得する!

美容師になるためには、まずは美容師免許を取得しなければなりません。美容師免許は国家資格であり、厚生労働省が指定している美容学校を修了する必要があります。美容学校は昼間部が2年、夜間部が2年、通信制が3年です。いずれかの方法で修了すれば、美容師国家試験への受験資格が与えられます。
また美容師という職業には「美容師法」という法律も定められており、美容師の資格保持者でなければできない事も定められています。お客様の髪のカットはもちろんのこと、パーマやカラーは美容師しか行うことができません。シャンプーも美容師が行うべきものとされています。
しかしながら、お店のお掃除や後片付け、電話応対などは美容師の資格を持っていなくても行うことが可能です。

美容師資格を取得した後からが勝負です!

美容師という職業は、美容師資格を取得してからが勝負です。国家資格の取得は、あくまでもスタート地点に過ぎません。その後どのようなキャリアを積むかによって、一人前の美容師になれるかどうかが決まってきます。
美容師の働き方としてメジャーなのが、全国各地の美容室に就職することです。そしてカットやセット、カラーリング、パーマなど、様々な技術を磨いていくことになります。就業したての時期は、まだ一人前の技術を身に付けることは難しいです。少しずつ経験を積みながら、自らの技術力を高めていく必要があります。
また美容師として働く時には、お客様に満足してもらう事も大切に考えなければなりません。どれだけスキルが高くても、お客様が満足しなければ意味がないです。利用されるお客様を第一に考え、スキルを高めていくことが大切です。